企業主導型保育事業

保育ルームすまいる 市川行徳駅前園は、内閣府より企業主導型保育事業の認証を得て、運営しています。

制度の概要

企業主導型保育事業とは、待機児童解消と女性の仕事と子育ての両立支援を目的に、平成28年度より内閣府主導ではじめられた制度で、企業が主導して従業員のために保育所を開設する際に支援を受けられる制度です。

ポイントとして、

  • 働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスの提供が可能
  • 複数の企業が共同で保育施設を設置することが可能
  • 設置企業の従業員だけでなく、余った保育枠(定員の50%まで)を地域に開放できる
  • 対象施設は設置費・運営費について認可保育園なみの助成が受けられる

という特徴があります。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/pdf/hoiku/chirashi.pdf

事業主様のメリット

当園の提携企業として、企業主導型保育事業の従業員枠の利用登録をしていただくことで、事業主様は従業員様の保育枠を確保できます。
社員の仕事と子育ての両立を支援し、優秀な人材の離職を防ぎ、産休/育休からの復帰計画通りに人事計画を立てることができます。制度の利用により採用力も強化できるほか、企業のイメージアップにもつながります。
提携をご希望の事業主様は、下記のフォームよりお問い合わせください。
papa-initiative.org/contact_us/